120rpm

ミル、キク、モノ、コト

自宅待機

日から、自宅待機を選択した。

自宅待機とは言っても、自宅でできる仕事が回ってくるわけではない。長期休暇と同義だ。

持病の糖尿病と喘息は、どう考えてもコロナウイルスとは相性が悪く、感染=重篤化なんだろうと思う。

職場では自主的な自宅待機を選択しても構わないとの方針もあり、それを選ばせてもらった。

13日までの10日間は休むことにした。

それまでに大きな好転は考えにくいが、有給休暇を上手く使えば、1カ月ほどは金銭的な問題もなく(給料の減額なくという意味)しのげるだろう。

職場が倒産するなどという面白いことは当面起きないだろう。
楽天的というほどではないけれど、天井知らずなわけもなく、どこかで終息するのだから、のんびり構えている。

命あっての物種だ。

出かけずに自宅で映画を観よう。

何観ようかと、選んだのが007シリーズ。
TSUTAYA DISCASでレンタルしながら、楽しんでいる。楽しすぎて、あっという間に第4作まで観てしまった・・・ショーン・コネリー、いいわあ。

 

テレキャスターをばらす - コンデンサを交換 -

けてみると、配線的にはこれに近く、50S風だが中身は今様なのを再確認。

f:id:iga-120rpm:20200401215326j:plain

導電塗料を塗るとハイが落ちるらしい。
それをカバーするためにハイパスコンデンサを付けた。

Emerson Custom TREBLE BLEED CIRCUIT 2017

f:id:iga-120rpm:20200401215932j:plain

ハイパス用キャパシタ

470pFに220kΩのカーボンフィルムレジスターを組み合わせました。

と書いてあるw

Emerson Custom PIO CAP.RED 0.047uf/300V

f:id:iga-120rpm:20200401220140j:plain

ミルスペック(軍用・・・丈夫っていう意味ぐらいに思ってよいのかな)で製造されているP.I.O.のトーンキャパシター。

この2つをインストール。

これが、

f:id:iga-120rpm:20200401220056j:plain

こうなった・・・はんだ付けが汚いのは無視してください。

f:id:iga-120rpm:20200401220230j:plain

アンプを通すとノイズがかなり低減されて気にならないレベル。
導電塗装の効果あり。
キャパシター(コンデンサ)の効果は・・・前の状態を思い出せないw
うん、不満は全くない。だから、良くなっていると思う(曖昧な奴だなあ)。

気分が良い。ここが大事。

 

PIO CAP.RED 0.047uf/300V

PIO CAP.RED 0.047uf/300V

  • メディア: エレクトロニクス
 

テレキャスターの名手

レキャスターといえば、自分の中ではロイ・ブキャナンとダニー・ガットン。

 

ロイ・ブキャナン
来日時の模様をFM放送で聴いて感動した。たまたま。録音もしていたのでかなり繰り返し聴いていた。後日、その演奏はライブアルバム『Live in Japan』として発売された。
ロイ・ブキャナン - Wikipedia

スタジオアルバムはどれも大好きなのだが、ライブにこそ華がある。
『Live Stock』が名盤の誉れ高いが、その完全版としてぶっ飛んだ名演が聴ける『ROY BUCHANAN / Live At Town Hall 1974』、こちらがおススメ。  

Live At Town Hall 1974 (2CD)

Live At Town Hall 1974 (2CD)

 

悲しい最期を迎えてしまったロイ・ブキャナンだけれど、尊敬する名ギタリスト。
痺れる。

 

ダニー・ガットン
どれくらい知られているのだろう?(日本語版wikiはない)
Danny Gatton - Wikipedia

面白さという点では、この人ほど聴いていて面白い演奏はない。
めちゃめちゃ楽しい。

f:id:iga-120rpm:20200331185000j:plain

手持ちのアルバム7枚。

カントリー、ブルース、ジャズ、ロカビリー、ハワイアン・・・なんでもこなす器用貧乏な人。
とにかくギターの上手い人だなとそのフレーズのひとくさりですぐにビシビシ伝わってくる。余裕がありすぎるほどの演奏技術は凄いの一言。

的が絞られていないおもちゃ箱をひっくり返したような音楽にめまいがする。
どうしてこの人は今一知られることなく自ら命を絶ってしまったのだろう・・・。

ギターミュージックが好きなら、『88 Elmira ST.』がおススメ。 

88 Elmira St

88 Elmira St

  • アーティスト:Gatton, Danny
  • 発売日: 2011/09/14
  • メディア: CD
 

  

何が悲しいって、こんなに素敵な音楽を作り出した彼らの“次”が永遠に聴けないってことだよね。

テレキャスターをばらす - 導電塗装 -

ックアップを外し、塗装しやすい状態にしました。

f:id:iga-120rpm:20200331174708j:plain

テレキャスターの場合、ジャック周りは一癖あるので外すと厄介です。
そこは触らず、マスキングテープでケーブルをカバーするだけに止めました。

f:id:iga-120rpm:20200331174715j:plain

www.guitarworks.jp

今回の導電塗料は水性のこれ。扱いやすいです。

f:id:iga-120rpm:20200331174722j:plain

f:id:iga-120rpm:20200331174732j:plain

f:id:iga-120rpm:20200331174747j:plain

二度塗りをして、アースを落とします(こいつの先は、後程ポット部分に落とします)。

テレキャスターの場合、ピックガードは気にすることはないと思うのですが、折角手元にあるのでアルミ箔を張ってみました。

f:id:iga-120rpm:20200331174625j:plain

f:id:iga-120rpm:20200331174703j:plain

次回はちょっと配線回りを・・・。

テレキャスターをばらす - フレットの仕上げ -

ロナショックは困ったものです。

フレットの磨きをしてみました。

f:id:iga-120rpm:20200328145801j:plain

紙やすり#400、#1000、#1500で磨いた後、ピカールとバフで仕上げます。

f:id:iga-120rpm:20200328145744j:plain

12フレットより右が仕上げたもの、左が未処理。

チマチマと21フレット分やっていきました。

f:id:iga-120rpm:20200328145748j:plain

小さな瑕疵があるにはあるのですが、個人で使う分にはこの程度で十分でしょう。

たまたま見かけたこれを使ってフレットを磨いて終了です・・・こいつ、結構臭いです(-_-;)

f:id:iga-120rpm:20200328145804j:plain

f:id:iga-120rpm:20200328145809j:plain

次回は【ボディの導電塗装】とそれによる【ハイ落ちをどうクリア?】です。

 

ピカール 金属磨き 300g

ピカール 金属磨き 300g

  • 発売日: 2005/09/07
  • メディア: Tools & Hardware