120rpm

ミル、キク、モノ、コト

音楽

クラシック、ロック、ジャズ、楽器、作曲の話

シンプルにこれだけで良い

ギターは最近手を加えて良くなったMIJ Hybrid '50s Telecaster。 それとJAZZ CHORUS-40。クリーン・トーンで薄くリバーブかけてあとは要らない。 エフェクター類も売り払ってしまった。シンプルでいいかな。 コロナ禍の影響で、楽しみにしていた商品がなかな…

テレキャスターをばらす - コンデンサを交換 -

開けてみると、配線的にはこれに近く、50S風だが中身は今様なのを再確認。 導電塗料を塗るとハイが落ちるらしい。それをカバーするためにハイパスコンデンサを付けた。 Emerson Custom TREBLE BLEED CIRCUIT 2017 ハイパス用キャパシター 470pFに220kΩのカー…

テレキャスターの名手

テレキャスターといえば、自分の中ではロイ・ブキャナンとダニー・ガットン。 ロイ・ブキャナン来日時の模様をFM放送で聴いて感動した。たまたま。録音もしていたのでかなり繰り返し聴いていた。後日、その演奏はライブアルバム『Live in Japan』として発売…

テレキャスターをばらす - 導電塗装 -

ピックアップを外し、塗装しやすい状態にしました。 テレキャスターの場合、ジャック周りは一癖あるので外すと厄介です。そこは触らず、マスキングテープでケーブルをカバーするだけに止めました。 www.guitarworks.jp 今回の導電塗料は水性のこれ。扱いやす…

テレキャスターをばらす - フレットの仕上げ -

コロナショックは困ったものです。 フレットの磨きをしてみました。 紙やすり#400、#1000、#1500で磨いた後、ピカールとバフで仕上げます。 12フレットより右が仕上げたもの、左が未処理。 チマチマと21フレット分やっていきました。 小さな瑕疵があるには…

テレキャスターをばらす - フレットのバリ取り -

ネック痩せですかね? 分かりづらいw触ってみると、チクチクしてきているのです。 今回はこんな道具を使ってみましたが・・・均一には仕上がりますが、フレットに要らぬ傷をつけるから普通にやすりでも良いかも。 こんな風にそんなに力をかけずに数回行って…

テレキャスターをばらす

ネック痩せか? フレットのバリ取りしないと気持ちが悪い。 それとは別に、ノイズが気になってばらしてみた。うーん・・・素のままなのね・・・これはアースの見直しと導電塗料塗るか。 その様子は後日。 Fender エレキギター MIJ Hybrid '50s Telecaster®, …

アル・ディ・メオラのニューアルバム

お気に入りなんですね、ビートルズ。 Al Di Meola "Strawberry Fields Forever" (Official Video) New Album "Across The Universe" March 13th 『Across The Universe』3月13日発売。 Across the Universe アーティスト:Al Di Meola 出版社/メーカー: Ear M…

クラシック音楽へのこだわり

クラシック音楽はこだわりがないと切りがない。 何を言っているのかというと、同じ曲でも多くの演奏家によって録音されているからどれを聴けばよいのか訳が分からない。 そんな時はこうしようと自分で決めたことがある。 音楽に訛りがあるのだとすれば、その…

ムジカ・ピッコリーノ

ロッソさん(長岡亮介さん)のギターに一目ぼれ。良いなあ、それ。自前なんだと思う。すごくいっぱい持ってるんだね。 www4.nhk.or.jp 子供向け音楽番組という体でやっていて、出演者は若い人が多いのだけれど、どうしてどうして、プロは凄いよ。 今はシーズ…

最近聴いている音楽 - その5 -

昔の同僚がとにかく好きだった。ギグをすると必ずマーク・ノップラーを真似ていた。今、その彼が熱中していた半分くらいは分かるようになったかな。 ダイアー・ストレイツ & マーク・ノップラー 揺蕩うような大河の流れ。ゆったりと、そしてどっしりと重心の…

最近聴いている音楽 - その4 -

復活ライブを観た時は涙が出た。サイモンとガーファンクルが好きだった。久しぶりのシングルが1975年に発売された。「マイ・リトル・タウン」・・・名曲。 それから更に6年。復活ライブ。NHKから流れる彼らの姿を食い入るように観ていた。 ポール・サイモン …

最近聴いている音楽 - その3 -

シンガーソングライターという音の響きにワクワクした。 ジェームス・テイラー 学校から帰って夕方4時からFMラジオから流れる彼の曲・・・今聴いても黄昏時を思い出す。アコースティックギターはジェームス・テイラーとポール・サイモンが手本だった。 ブリ…

最近聴いている音楽 - その2 -

泣きのギターとはこのことだ。 ロイ・ブキャナン ピッキングハーモニクスとは何かを知りたければ、彼の演奏を聴くべき。ピンと来ない人も多いのかもしれないけど、ほんと、過小評価されてしまっている名ブルースギタリストなのです。 1977年の来日時に、FM放…

最近聴いている音楽 - その1 -

今更なのに懐かしくもあり新しくもあり。 トーキング・ヘッズ スタジオアルバム全てを繰り返し聴いています。 『サイコ・キラー'77』 - Talking Heads: 77 (1977) 『モア・ソングス』 - More Songs About Buildings and Food (1978) 『フィア・オブ・ミュー…

ドイッチェ ベッカライ ブルックマイヤー

次の朝ドラは古関裕而をモデルにした『エール』。 エール |NHK_PR|NHKオンライン 同郷の偉人として、個人的には円谷英二、野口英世、古関裕而。 ja.wikipedia.org 古関裕而といえば、これまた個人的には「モスラの歌」。楽しみにしています。 朝ドラといえ…

Fender MIJ Hybrid 60s Jaguar

それほどメジャーじゃない。フェンダーといえば、ストラトキャスター、テレキャスターを筆頭にソリッドギターの名器が並ぶが、こいつ(ジャガー)はどうだろう? Fender MIJ Hybrid 60s Jaguar, Charcoal Frost Metallic MIJはMade in Japanのこと。以前、メ…

SONY NW-ZX507 - WF-1000XM3で使ってみる -

ワイヤレスではどうか。 ZX507は、Android OSに依存せず、音量調整ができる・・・はずだった。 ケーブル接続だと右の音量調節ボタンを押すとこんな風に表示される(75と表示されている部分:120段階調節)。 ワイヤレス(Bluetooth接続)だと、Android OSの…

SONY NW-ZX507 - バランス接続のMDR-M1STで聴いてみる -

相変わらずなんだろうと勝手に思っている。 Music Center for PCのことだ。Walkmanデフォルトの音楽管理アプリケーションMusic Center for PCは使いたくない。馴染んでいるMusicBeeを使いたい。 転送に癖があるから、そこだけ把握していれば全く問題ない(は…

SONY NW-ZX507 - 復活のAndroidウォークマン -

あらゆる音源を、高純度の描写力で。ハイエンド・ストリーミングWALKMAN NW-ZX500シリーズ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー 不純な感じはします。Android OSだなんて。独自OSで頑張るんじゃなかったのかよとも思う向きもあ…

マルタ・アルゲリッチ - 情念のピアニスト -

全く迷惑な話だ。そんなつもりで弾いちゃいないとは思う。それでも彼女のピアノを聴くと心拍数が確実に上がることは間違いない。 熱い情念を感じてしまうのだ。 アゴーギクやディナーミクに癖があって、自分が若い頃はあまり受け入れられなかった。 どこか純…

SONY WF-1000XM3 - 完全ワイヤレスの快楽 -

謳い文句はこうだ。 いい音には、静寂が要る。完全ワイヤレスに、業界最高クラスノイキャン www.sony.jp SONYのイヤホンはXBA-Z5やMDR-EX800STを使っていたけれど、“サラリとした透き通る高音と音像のはっきりしたちょっと腰高な低音”というイメージがある。…

Amazon Musicめ、なかなかやりよる

あいみょんなんかも聴くんですよ。 ダウンロードもバッチリ。今日は昨日の轍は踏まんぞと。 2曲目で停止・・・。 アプリを確認。よーく確認。Amazonめ、やりやがった。 デフォルトでオンライン設定じゃないですか!参ったなあ。 画面上設定マークの横をクリ…

Amazon Music HDとはそういう事かorz

ハイレゾでのストリーミング配信がAmazonで始まったとネット記事で見た。 衝撃のスタート、「Amazon Music HD」聴くならiPhoneよりAndroidが有利 - PHILE WEB ストリーミングは悪くないけど音質が良くないからなあと勝手に思っていたけど、ハイレゾ配信なら…

SONY MDR-M1ST レビュー

本日発売のハイレゾ対応の新スタジオモニターヘッドホン。SONY MDR-M1STが届いた。 www.smci.jp 900STと比較すると、イヤーパッド及びヘッドバンドは肉厚。装着感は浅めだった900STとは異なり、いたってノーマル。 ケーブルは着脱式。 アーム接続部は90度回…

BTケーブル比較 - SONY MUC-M2BT1 VS SHURE RMCE-BT2

暑い毎日。汗ばんだ肌にケーブルがまとわりつく不快感。 そんな日常から解放してくれるのが、BTケーブルだ。完全セパレートのイヤホンに満足なものが現れていない現在、方法として最良なのは、お気に入りのイヤホンに無線機器(ケーブル)を取り付けることだ…

NODA・MAP『Q:A Night At The Kabuki』の先行予約ゲット - 転売屋は死ね! -

NODA・MAPの新作だ。夢の遊眠社から観てきているので40年来の追っかけだ。 www.nodamap.com 今まで運が良いのか、妻と二人で申し込んで何とか一公演は観られていたが、ここ数年は特にひどくてチケットが取れなかったファンも多かったんじゃないかな? 元凶は…

フェンダー

メキシコ製。 Powercatser Adjusto-maticブリッジ、Atomicハムバッカー。らしくないが、操作系はシンプルで良い。 モダンCネックの弾き心地は、わずかにネックの太さが気になるが、嫌な感じはない。 ノイズ過多なのは、アースが取れていないからのようだ。中…

SONY MDR-M1ST - ハイレゾ対応の新スタジオモニターヘッドホン -

ついに登場。発売は8月23日。 CD時代に対応して、1989年から30年。ハイレゾ時代になっても、第一線を堅持し続けるSONYの定番モニターヘッドホンMDR-CD900STの後継機が現れた。 MDR-CD900ST MDR-M1ST型式 : 密閉ダイナミック型 ドライバーユニット : 40mm, ド…

バンデットQ - 毒親への制裁 -

テリー・ギリアムの三部作。テリー・ギリアム - Wikipedia 『バンデットQ』(1981)少年 『未来世紀ブラジル』(1985)青年 『バロン』(1989)壮年~老年 主人公の年齢は違えど、「ぶざまなほど統制された(awkwardly ordered)人間社会の狂気と、手段を選…